札幌  7月7日 [木]


1週間ばかり札幌へ行っていた。
目的は実家の片づけ。

母は90歳でひとり暮らし。
誰とも暮らす気はなく時期が来たら施設に入るという。
それにしても父が亡くなってから23回忌も過ぎたというのに
父のものもそのままにしてある。

家中に大切なものもガラクタも混在している状態なので
その種分け作業に姉妹で集合して片づけることに。


次回来るときこの実家はもう無いかも。。。

e0018604_19373084.jpg


昔パッチワークに凝ってた頃
母に毎年贈っていたカレンダーが出てきた。


e0018604_19372282.jpg



高校時代に部活で書いた絵。
この絵を描いた時指導してくださった美術部顧問の先生も
数年前に亡くなった。


e0018604_19371392.jpg


父の出身地岩手の岩屋堂のタンスの中に
入っていた母の大事な着物も
残すものと業者に買い取ってもらうものに分け。。

中にはしつけが付いたままの着物やらコトーやら
値札の付いたままの高級スーツやらいっぱい。。
本人は買ったことも忘れてる。

写真の中に「こしのじゅんこ」と写ってる写真があったが
その時に買ったものらしい。。。

節約だと言って寝る前にTVのコンセントも引き抜いたりしてるけど
こんなところでいっぱい無駄使いしてね~!
と姉と悪口言いながら片づける。。。

e0018604_19370466.jpg


引き出物の山。。
これも処分。
我々子供も断捨離しないといけない年になり
もっと若いうちにくれればいいのにね!
と愚痴を言いつつ。。。


e0018604_19365610.jpg



あちこちの引き出しから
うちの子や姉の子の写真が出てくる。

中にはこんな写真も。
若いころは意外とイケメンだった父。


e0018604_19364798.jpg

もっと早くに母が元気なうちに片づけたかったが
基本人のいう事を聞かない頑固者なので
私たち子供に触らせなかった。。。

足が弱ってきて自分では何もできなくなってきたことと
今回遠くから私が来たことであきらめて
やっと片づけに同意した母。



燃えないゴミ燃えるごみなどゴミ袋30以上。

中を点検してゆっくり捨てるからそのまま置いておいてと言う母の言葉を無視して
帰る日の朝12個の燃えるごみを捨てて
後は姉に託して帰ってきた。










by rankurin | 2016-07-07 20:04 | 思い出 | Comments(2)

Commented by ヨーコ at 2016-07-09 06:29 x
わぁ!
捨てるのが勿体無いものばかりですね~♪

ひとの事は言えません。
ウチなんか、すべてガラクタのゴミ屋敷と化してます(汗)
自分が動けるうちになんとかしなくちゃ!
と、思いながら日常に忙殺されて、
手が付けられない。。。
Commented by rankurin at 2016-07-10 09:32
ヨーコさんへ

本当にね~業者に頼むと信じられないほどの値段だそうですが
姉も私たちももう着物は特別な日しか着ませんし。
母は私の高校の懇談会にも着物で来てました。
オーダーしたのに仕付けの付いたままの
帯と羽織のセットとかいろいろ。
お店の人にいいカモにされてたんでしょうね。。
小金持ちの年よりはひとり暮らしさせちゃいけませんね(笑)

姉と私たちはこうは反面教師にしようねと思いました。

<< 札幌  7月7日 [木] 札幌  6月30日 [木] >>